RECRUIT

座談会

座談会 image1

直接的なコミュニケーションを重視

青木
まずは、当社に入って、どんな時に成長を実感するか聞いてみようか。
貴志
そうですね。学生の時は、自分を中心に物事を考えていたけれど、入社後には上司や後輩、お客様など、周囲の人との協調がなければ仕事が進まないということに気づいたときに、僕も大人になったなと(笑)。
工藤
私も自分の会社とお客様の間であったり、営業担当者と社内の間を繋げるような仕事をして、その両方の立場で物事を考える習慣がつくようになりましたね。関係部署のメンバーとの打ち合わせも多く、会話の中から、自分の仕事が最終的に、会社全体に作用しているということが実感しやすい環境にありますよね。
青木
日々、状況が変わっていくビジネスだから、情報の共有は重要。特に当社は、2人の言うとおり、周囲との協調を大事にしているのは確か。やはり、デジタルではなく直接顔を付け合せてコミュニケーションを図り、落としどころを見つけていくのが正解だね。上濱君は、どう?
上濱
私は、キャリア採用だったので、以前の会社と比較することができますが、その中で成長を実感することが多々あります。以前の会社は、同じ与信業務でも分業制になっていたのですが、今は入り口から出口まで、自分で完結ができる。これはすごく成長に繋がりますね。さらに、やる気さえあれば自分で業務の幅を広げることもできる。この点にも魅力を感じます。
貴志
私たち原料部門も、あるアイテムの購入から販売、仕入れ先や顧客開拓まで、もちろん上司に相談しながらではありますが、すべて一人で担当します。自分でビジネスを組み立てることができる点にやりがいを感じます。
青木
このビジネスで重要なのは、全体の流れを理解すること。それは営業部門も、管理部門も共通しているところだと思う。そういった仕事に対するスタンスが個人の成長を促しているのだと思うね。

座談会 image2

チャレンジできる環境が整っている

青木
それぞれ、今後の目標を語ってもらおうか。工藤さんはどう?
工藤
お客様との接点が増える中、直接、感謝の言葉をいただくことにやりがいを感じていますが、もっとお客様の問題を解決できるような提案をしていきたいとも思っています。とにかく今は、自分なりに人から聞いた話をメモしたり、既存の資料を自主的に見直してみたりと、ひとつひとつ積み重ねている段階です。
青木
しっかり経験を積み重ねていけば、担当職から総合職への職種変換も可能だしね。工藤さんには、ぜひチャレンジしてほしいな。
貴志
私は以前、何も商売実績の無いメキシコに単身出張し、新規開拓をしながら、自らの手で新たなマーケットを作っていった経験があります。そういった新たなチャレンジもさることながら、目標数字を意識した営業活動を進めていきたいと思っています。
青木
若手社員であっても、商社の醍醐味を実感できるような、大きなチャレンジができるのも、ウチの会社の魅力のひとつだと思う。20代の今だからこそできることをしっかりやってほしいし、我々もバックアップしたいと思っているよ。
上濱
任せてもらえる仕事の範囲が広く、それなりの裁量を与えてもらえるのが、ウチの最大の魅力だと思います。今後は、専門領域を広げながら、自分一人でワンストップで機能提供できるようになり、会社にとってもっとも最適な回答を導き出せるような立場になっていきたいと思います。
青木
管理部門、営業部門の垣根を越え、互いにアイデアを出しあいながら仕事を進めることが重要だね。そのためには、一人一人が自ら成長し、プロフェッショナルとなって、さらにこの会社を成長させるという意識を持ってほしい。もちろん、当社に在籍しているのは志を持ったメンバーばかりだからこそ、こうして企業として成長を続けている。そういった意味でも人材は宝だと思う。会社としてのDNAを受け継ぎながら、当社の将来を担っていってほしいものだね。

  • WORK STAGE:社員紹介
    • 貴志 元
    • 工藤 理絵
    • 上濱 貴志
    • 久和 弥生
    • 須永 啓太
    • 李 敏玉
    • 町 沙織
    • 古川 翔太
    • 座談会