RECRUIT

上濱 貴志

机上の空論ではなく実行可能性を重視

管理部に所属し、「審査業務」と「法務業務」を担当しています。審査業務は取引先に対する与信判断や債権回収など与信リスクマネジメントが中心で、営業部が販売した商品の代金を円滑に回収できるようサポートしています。法務業務は各種契約書作成や事業法令への対応など法務リスクマネジメントが主で、法務の観点から取引条件に様々な工夫を施すことにより、無用のトラブル回避を図っています。審査業務も法務業務も机上の空論ではなく、当社の置かれている環境や取引先の立場も踏まえた上で、実行可能性を重視したリスクマネジメントを心がけています。

上濱 貴志 image1

現場目線に立ったリスクマネジメントを

管理部門に所属しているとリスクを回避することを主眼に置きがちになりますが、リスクの大きさとそれに見合うリターンを見極め、そのリスクを取ることができる方法がないか、常に前向きに検討することを心がけております。批評や理屈ばかりを述べる評論家のような管理部門ではなく、具体的な実行プランまで策定した上で、リスクマネジメントの実務者として営業部をサポートすることが重要だと考えます。当社は営業部門と管理部門の距離が近く、現場目線に立ったリスクマネジメントであれば管理部門からの提案も積極的に受け入れてもらえることから、更により良いアイディアを出そうという気持ちになります。

上濱 貴志 image2

主体的に行動することでやりがいを獲得

上司の指示に従って業務を遂行するよりも、自ら取り組みたい業務を進言・提案し、一定の裁量の中で仕事を任せてもらえるため、責任を感じる一方、充実感も大きいです。自らの業務上の取り組みがどのように会社に反映されたのか目に見えやすく、主体的に行動できる人にとってはモチベーションを維持しやすい環境だと感じます。管理部門は専門性に応じて担当する分野が細分化されているため、各自の担当分野の範囲で最適な対応を導きがちです。しかし、担当分野において最適な対応が会社全体では最適ではないケースもあります。ついては、自分が得意とする専門領域を主体的に増やすことによって、管理部門のサービスをワンストップで提供し、個別最適ではなく全体最適の視点から会社に貢献できるような人材になりたいと考えています。

  • WORK STAGE:社員紹介
    • 貴志 元
    • 工藤 理絵
    • 上濱 貴志
    • 久和 弥生
    • 須永 啓太
    • 李 敏玉
    • 町 沙織
    • 古川 翔太
    • 座談会